GLA中京本部便り

GLA岐阜会館ガイド

GLA岐阜会館は2016年4月に開所しました。
JR岐阜駅や名鉄新岐阜駅より北東約1 km、織田信長が開いたとされる楽市楽座の中心地も近く、歴史上意味深い場所にあります。
駅から北に続く商店街の2つ目の大きな交差点(神田町6)を右折し、銀杏並木の通りを東に向かってしばらく歩くと、右手に見えてくる6階建ての建物がGLA岐阜会館です。
6階部分の西壁に「GLA」の文字が浮き上がって見え、夜にはその文字がLEDによって夜空に輝き、ひときわ明るく目に飛び込んできます。
1階玄関は透明感あふれるガラス張りで、吹き抜けのエントランスと、美しい大理石の床が来館者を迎えます。クリスマスの頃にはクリスマスツリーのイルミネーションと高橋佳子先生が監修された映像と詩が、道に面して配置された大型テレビ画面より流され、道行く人が足を止めて見入っています。
正面の2階に続く階段を上ると、扉の向こうには書籍コーナーを兼ねた受付があり、中程には来館者が自由に話ができるラウンジスペースとなっています。その奥には事務所、さらに小会議室が2部屋と給湯室があります。
3階へ上がると、約80名を収容できるメインホールがあります。充実したネットワーク機器と音響映像機器によって、高品質の映像でGLA総合本部や中京本部とつないで研鑽を深めています。

4階には祈りの場である聖堂があります。この階に上がるだけで静謐な雰囲気が伝わってきます。右手には応接室、中央に約20名が収容できる小会議室があり、左奥に歩を進めると聖堂です。木製の引き戸を両方向に開けると、正面に、高橋先生がデザインされた、生きとし生けるもの一切を支える「大いなる存在・神」の光を象徴する「天井の星」が現れます。堂内は落ち着いた間接照明によって照らされ、静かなBGMと清浄な空間に包まれています。常に16席が用意されており、各種集いの折には多くの方が静かに祈りの時をもたれます。遠方から、この聖堂に祈りに来る方もいらっしゃいます。

5階は、約150名を収容できる大ホールを現在整備中です。多くの方々をお迎えする日もそれほど遠い先ではありません。
最上階の6階には、南西方面の岐阜の街が展望できる憩いのスペースを設けています。食事をとったりお茶を飲んだりしながら、休憩のひとときを楽しんでいただけます。
吹き抜けのステンドグラスの窓に当たる太陽の光や、夕刻、西に沈む夕陽もゆったり眺めるのもまた格別です。さらにこの階には、和室と洋室が1部屋ずつあり、体調を崩された方やご高齢の方が休憩できる快適な空間を用意しています。
会館は全階エレベーターでつながっています。
岐阜会館では、いつでも皆様をお迎えできるよう常駐体制を整えており、書籍販売もしていますので、お気軽にお立ち寄りください。心よりお待ちしています。

GLA岐阜会館
住所:〒500-8167 岐阜市東金宝町4丁目12番地
電話:058-266-5046
基本開館時間:11:00~16:00
※来館の折には、2階事務所にお声かけください。休館日:毎週月曜日、お盆、年末年始期間など

GLA中京本部便り

  1. 1月17日(日)、「2021新年の集い」が開催され、インターネット中継にて全国・海外...
  2. 漢字1文字に新たな年を生きる願いを託して 新型コロナウイルスが世界を席巻した激動の20...
  3. 12月6日(日)、「2020感謝の集い」が中京会館を発信拠点として開催され、インター...