GLA中京本部便り

岐阜会館に伊藤信幸氏をお迎えして シリーズ「魂の学」実践講演会が開催!

8月11日(日)、伊藤信幸さん(不動産会社経営)を岐阜会館にお迎えして、シリーズ「魂の学」実践講演会が開催され、200名に及ぶ方々が参加されました。
シリーズ「魂の学」実践講演会は高橋佳子先生の著書に紹介されている方が、「魂の学」の体験を語る講演会で、現在、全国各地で開催されています。

2016年に発刊された高橋先生の著書『運命の逆転――奇跡は1つの選択から始まった』で紹介されている伊藤信幸さんの波乱万丈の物語。
新聞に掲載されるような事件の最中に高橋先生と出会い、人生観、世界観が全く変貌してゆかれ、「すべては本当の人生を歩むうえで必要な体験だった」と語られる伊藤さんの確信に満ちた一言一言は参加者を魅了し、この日、初めて高橋先生の「魂の学」に触れた方々も含め、会場は大変な集中力に包まれてゆきました。

そして、第2部の茶話会も盛況な場となり、大勢の方が伊藤氏を囲んで、講演の感想や個人の相談事など、最後の最後まで話が途絶えることはありませんでした。

猛暑日となったこの日、その暑さに負けないくらいの熱気に包まれる中、参加したお1人お1人が「『魂の学』によって私も人生に『運命の逆転』を起こしてゆきたい!」と新たな希望と志を胸に刻んだ1日となりました。

参加者の声

●大きな勇気を頂きました

私も60歳を前にして、人生の転機を迎えようとしています。私の今後の人生に向けて大きな勇気をいただきました。「すべての出来事には意味がある」「試練は呼びかけ」という言葉を心に刻んで、事態に向かってゆきたいと思います。(50代男性)

●力強い言葉が心に響きました

「人生のどんな困難にも必ず解決の道がある」との講演者の力強い言葉が本当に心に響きました。心がどのように転換していったのかという実体験を聞かせていただくことができて本当に良かったです。(50代女性)

●人間には願いがあり使命があるとわかった

今日のお話を聞き、本当に1人1人の人間には願いがあり使命があることがわかりました。お金や目先のことに振り回されてきた人生でしたが、私にも成すべき願いがあることを感じました。(60代男性)

※9月以降のシリーズ「魂の学」実践講演会の開催予定は別途ホームページに掲載致します。楽しみにお待ちください!

GLA中京本部便り

  1. 1月17日(日)、「2021新年の集い」が開催され、インターネット中継にて全国・海外...
  2. 漢字1文字に新たな年を生きる願いを託して 新型コロナウイルスが世界を席巻した激動の20...
  3. 12月6日(日)、「2020感謝の集い」が中京会館を発信拠点として開催され、インター...