GLA中京本部便り

8月1日~2日、親子で学ぶ「2020かけ橋セミナー」がG.ライブで開催!

8月1日(土)~2日(日)、「2020かけ橋セミナー」が、G.ライブ(インターネットライブ中継)で開催されました。今年は、「チャレンジングエンジェルス2020 アフターコロナの未来へ挑戦!」のテーマのもと、全国・海外から800名を超える子どもたち(小学校3年生~高校3年生)と親御さんが参加しました。

1日目、アトラクションチームによるエネルギッシュな歌と踊りの映像からスタート! さらに、高橋先生がご用意くださったお楽しみ企画「トレジャーハンター 神理の宝探し」が実施され、出題されるクイズにワクワクドキドキしながらプログラムが進んでゆきました。
世界中が新型コロナウイルスの感染拡大の問題を抱える中、「魂の学」のまなざしで事態を深く洞察し、次々に対策を示される先生の記録映像に学んだ後、子どもたちは「チャレンジングシート」、親御さんは「ウイズダム」(解決と創造のためのメソッド)に取り組み、自らの「暗示の帽子」と現実の関係を見つめながら「光の心」で生きる挑戦に向かいました。
2日目、3名の子どもたちから「チャレンジングシート」を実践しての体験談が分かち合われ、「光の心」で挑戦すれば、受験や友だち関係の試練にも道がつき、願いが実現することを実感しました。続いて放映された朗読劇『しあわせな王子』(オスカー・ワイルド作)では、「光の心」で生きることを願う私たちと物語の主人公の姿が重なり、大きな感動に包まれてゆきました。
そして、いよいよ迎えた先生のご講演。
先生は、コロナ禍にある今年、私たちは特別な時間を過ごしていると話され、一見、困難のように思える感染拡大防止も他人を思いやる「光の心」によって実現できると語られました。そして、様々な事例を示されながら、「光の心」こそ、これからの人類の世界をつくるためのもっとも重要な原動力であると伝えられ、「来るべき時代に向かって世界を継ぐ者。それが、君たちです」と告げられたのです。
ご講演の最後、先生は、インターネット中継で子どもたちと出会われ、一人ひとりの魂の願いを大切に受けとめてゆかれました。
世界規模の試練を迎えた今、世代を超えて「魂の学」を実践する時が来ている——。そのような確信と大きな希望を胸にアフターコロナの未来に向かって歩み出すセミナーとなりました。
(GLAホームページでも詳しく紹介しています。ぜひご覧ください→コチラ

GLA中京本部便り

  1. 高橋先生に「魂の学」を学び、実践している方々が、自らの体験を語る「魂の学」実践講演会――。
  2. 3月7日(日)、「チャレンジングエンジェルススクール(CAS)」「親研修」が開催さ...
  3. 絶体絶命の中に開かれる奇跡の道――ゴールデンパスを求めて 3月20日(土・祝)~21日...