GLA中京本部便り

新たな「止観シート研修」が再開されました!

新型コロナウイルスの影響でしばらくお休みしていた新たな「止観シート研修」が7月19日、GLA三重会館、松本ターミナル、さらに7月25日、浜松労政会館、GLA豊橋集会所、飛騨・世界生活文化センターにて開催されました。初参加の方から、長年「止観シート」に親しんできた方まで、合わせて約70人の方が参加しました。
研修は、高橋佳子先生が執筆されたテキスト『止観行の極意Ⅰ 心を発見し、未来を変える』を傍らに、先生のお誘い映像をお享けしながら、先に取り組まれたお1人の事例が分かち合われ、「止観シート」に丁寧に取り組んでゆきます。「止観シート」を実習する中で、自分ではなかなか気づくことができない心の動きを見つめてゆきました。

当日は、コロナウイルス感染対策として、参加者全員がマスクを着用し、ソーシャルディスタンスを保ちながらの研修となりました。各会場では、久しぶりに集い合える歓びに溢れ、「ミーティングすることで気づくことがありました」「自然にしている心の動きに気づきました」と、心を心で掴むことの発見と驚き、そして未来への希望を感じるときとなりました。

〇参加者の声
自分の本心に気づくことができました

知らず知らずのうちに、自分本位な考え方に傾いてしまっていることに気づくことができました。一瞬の気持ちを読み取ることで、自分の奥にある本心にも気づくことができました。参加できて良かったです。
(40代女性 初参加)

止観シートに取り組む良さがわかりました
初めは出来事を書き出すことすらスムーズにいきませんでしたが、先生に分かりやすく教えていただき、私のイライラは、私のこだわりと関わりがあり、不安や恐れに結びついていることがわかりました。「止観シート」に取り組む良さがわかりました。
(50代女性 初参加)

「何でいつもこうなるのだろう」という疑問に答えをいただいた
普段の生活の中で自然にしている心の動きに気づくことができました。同じような出来事に会うと、必ず「相手が悪い」としか思えず、いつも同じような結果を生み出していたことがわかりました。「何でいつもこうなるのだろう」という疑問に答えをいただいた想いです。
(60代男性)

人生をリスタートしてゆきます
今朝のちょっとした出来事を「止観シート」に取り組みました。今の自分の心が、4歳の時の両親の離婚という出来事とつながっているとは思いもしませんでした。
今日を新たな誕生日として人生をリスタートしてゆきたいと思います。
(60代男性)

今日、止観シートに取り組み、何だか心がスッキリしました。
「怒り」の底に「不安」と「恐怖」があったことがわかり、未来に向けて光を頂きました。これから毎日「止観シート」に取り組み、新しい自分になって周りの方々のために頑張ってゆきたいと思いました。
(70代女性)

GLA中京本部便り

  1. 1月17日(日)、「2021新年の集い」が開催され、インターネット中継にて全国・海外...
  2. 漢字1文字に新たな年を生きる願いを託して 新型コロナウイルスが世界を席巻した激動の20...
  3. 12月6日(日)、「2020感謝の集い」が中京会館を発信拠点として開催され、インター...